神奈川自治体問題研究所



理事長あいさつ 入会案内 書籍・出版物
リンク 神奈川自治体学校 イベント


憲法がいきづく自治体づくりへ

第46回神奈川自治体学校

11月4日(日) 9:30〜
かながわ労働プラザ
参加費:1000円(分科会のみ参加は700円)


森友加計疑惑、公文書の改ざん、捏造、隠ぺい、虚偽答弁、セクハラ等々、安倍政権の末期的症状ともいえる事態が露呈しています。
個人の尊厳と生命・自由、幸福追求の権利をうたった憲法が、地域でしっかりといきづく自治体づくりを本格的に目指すときです。
そのために、私たちは何をするかを学び合いましょう。

【午前/全体会】
●記念口演 「八法亭みややっこの憲法ばなし」
お話し:八法亭みややっこ(弁護士・飯田美弥子)さん
プロフィール:水戸一高落研出身。離婚後に、司法試験合格。八王子合同法律事務所所属のため「八法亭みややっこ」と名乗る。ハンセン病国賠訴訟弁護団、京王電鉄バス分社化リストラ争議弁護団、高尾山にトンネルを掘らせない天狗裁判弁護団、再審布川事件弁護団、痴漢えん罪沖田国賠事件弁護団、日の丸君が代強制反対裁判弁護団(市立中学校教師)などに参加、そのほか労働事件・市民事件など、弁護士業務の傍ら、憲法落語を始めたところ、全国から依頼が殺到中! 著書等:「八法亭みややっこの憲法噺」「八法亭みややっこの日本を変える憲法噺」「八法亭みややっこの世界が変わる憲法噺」

●特別報告「小田原市と南足柄市の合併問題に取り組んで」
      奥津晋太郎さん(西湘自治体問題研究会)

【午後/分科会】
【民営化、公務労働・公共性分科会】
●会計年度任用職員制度は何をもたらすか〜しくみとその影響〜
新たな制度と仕組み、自治体職員と住民への影響ついて学び、県内自治体における非常勤など非正規の職員の生の声を聞き、
それに見合う労働条件、職場の体制はどうあるべきなのかを考えます。
【講師】黒田兼一氏(明治大学教授) 

【環境・まちづくり分科会】
●必ず来る大地震・豪雨災害から命を守るために
西日本豪雨災害や北海道胆振地震。土砂災害の危険性を改めて知らされました。神奈川県下でも、土砂災害危険個所が多数あります。 安心・安全なまちづくりのためにどうしたら良いか考えていきます。
【講師】中村八郎氏(災害対策研究所副理事・元国分寺市防災担当関係課長)

【子育て・教育分科会】
●子どもたちの生活を見直してみませんか〜遊びは子どもの成長発達の糧〜 神奈川の子どもたちは、どんな生活をしているでしょうか。遊びが子どもの成長にとってなぜ必要なのか、参加者全員で話し合いましょう。
【講師】水田嘉美氏(東海大学名誉教授)

【平和・基地分科会】
●知っていますか?横須賀米海軍基地のこと〜米朝首脳会談のもとで米軍基地を考える〜
横須賀米海軍基地を例として、米軍基地の実態と、これからどうなるか。基地を撤去させるための運動と自治体の役割等についてご一緒に考えましょう。
【講師】新倉泰雄氏(原子力空母の母港化を阻止する三浦半島連絡会事務局長)

【地域経済・産業分科会】
●小規模企業と地域経済の活性化
 県内の小規模企業の実態を知り、地域経済の活性化のための私たちの政策、それを自治体の施策にどのように反映させるかをさぐります。
【報告】
小規模企業の実態調査から/三浦謙一氏(神商連)
キャリアアップシステムについて/家子 寿氏(神建連)

【社会保障分科会】
  ●少子・高齢化のなかでの社会保障・住民運動のあり方を考える
老人医療費無料化など全世代の健康、生活支援に取り組む東京日ノ出町の実践、人口減少の中で苦労する県内自治体の現状を学び交流します。
【報告】
影山保氏(東京都日出町の民医連共同組織支部長)
三浦市、真鶴町の住民運動家など

【暮らし分科会】
●個人情報保護の大切さ、「活用」と産業化を考える
マイナンバーの活用、ポイントカードの普及による個人情報の政府・企業による把握、個人情報の活用・産業化の問題点を考えます。
【講師】福屋秀紀氏(駒沢大学名誉教授)
【報告】
健康情報の活用/知念 哲氏(神奈川保険医協会)
自治体における個人情報の取扱い/横浜市職員

【女性分科会】
●国家が家族に干渉するねらい
安倍政権は女性を家庭に戻し、子育てや介護を担わせ、非正規で働かすことなどを考えています。このねらいを幅広い視点でとらえていく必要があります。
【講師】湯山薫氏(川崎北合同法律事務所弁護士、日弁連・両性平等委員会委員、川崎市男女平等推進審議会委員)

【別日程・会場で開催】
【楽しく学ぶ地方財政講座】
まちの財政を身近なものに〜しくみや用語に親しみ、財政分析に挑戦しよう〜
日時:11月18日(日)午前10時〜午後4時
  会場:横浜市健康福祉センター9階 901・902会議室(JR・市営地下鉄、桜木町駅下車5分) 
講師:内山 正徳氏(神奈川自治体問題研究所副理事長) 
参加費:2000円(学生・院生1000円、会員は1500円)
  「まちの財政を」、講義と討論を通じて身近なものにする講座です。皆さんが日頃感じていること、疑問に思っていることを持ち寄って討論し、共通認識を広げ、財政分析に挑戦する気になる講座を目指します。
申込:11月12日までに、氏名と連絡先を神奈川自治体問題研究所へ。別途案内を送ります。

参加申込(以下の内容を郵送、FAX、Eメールで神奈川自治体問題研究所へお届けください。)
氏名:               所属:               連絡先:
(参加区分など、該当するところを丸で囲んでください)
1.全体会と分科会(     分科会)
2.全体会のみ
  3.分科会のみ(     分科会)
  *お弁当(お茶付700円)           1.申し込む   2.申し込まない
*11月18日の地方財政講座(締切り11月12日)   1.参加する   2.参加しない

2017年に年開催した、第45回神奈川自治体学校のもようはこちら
2016年に年開催した、第44回神奈川自治体学校のもようはこちら
2015年に年開催した、第43回神奈川自治体学校のもようはこちら
2014年に年開催した、第42回神奈川自治体学校のもようはこちら

ホームへ戻る


神奈川自治体問題研究所
〒220−0031 横浜市西区宮崎町25  横浜市従会館
電話&FAX 045(252)3948
メールアドレスkanagawajitiken@siju.or.jp


2018年9月21日更新